坡道上的紅屋頂(日劇)

《坡道上的紅屋頂》物語は閑靜な住宅街にある赤い屋根の家から始まる。18年前、この家で両親を殺害し遺躰を切り刻んだのは、実の娘の青田彩也子と、その戀人・大渕秀行だった。大渕は裁判中に「早すぎた自敘伝」を出版し、過去に女子
【又名】podaoshangdehongwuding
【导演】村上正典
【主演】桐穀健太,倉科加奈,蓮彿美沙子,橋本良亮,齊藤由貴
【类型】日剧
【首播】2024
【更新】2024-04-10 11:06:04
【集數】全5集
【簡介】《坡道上的紅屋頂》物語は閑靜な住宅街にある赤い屋根の家から始まる。18年前、この家で両親を殺害し遺躰を切り刻んだのは、実の娘の青田彩也子と、その戀人・大渕秀行だった。大渕は裁判中に「早すぎた自敘伝」を出版し、過去に女子児童を手に掛けたことを告白する。裁判では彼に洗脳された彩也子が兇行に及んだとされ、主犯の大渕は死刑、彩也子は無期懲役が確定。それから數年後、「早すぎた自敘伝」を擔儅した編集者・橋本涼のもとに、新人作家の小椋沙奈が、事件をモチーフにした小説の企畫を持ち込む。小説の連載を実現すべく、大渕と獄中結婚した大渕禮子や、大渕のかつての愛人である元敏腕編集者・市川聖子ら関係者への取材を進める橋本と沙奈。しかし2人はやがて、関係者が抱える嫉妬や劣等感などの黒い感情に引きずり込まれていく。